彼氏と写真を撮りたい!おすすめの撮り方や恥ずかしがる彼の説得方法とは?

彼氏と写真を撮りたい!おすすめの撮り方や恥ずかしがる彼の説得方法とは?


大好きな彼氏と一緒に写真に写りたいですよね。

思い出にもなりますし、スマホに保存しておけばいつも彼氏と一緒。

でも2人一緒の自撮りって難しかったり、そもそも彼氏が恥ずかしがって写真を嫌がったり。

そこで今回は、彼氏と素敵な写真を撮るためのお話になります。

スポンサーリンク

 

彼氏が写真を恥ずかしがる理由

彼氏が写真を恥ずかしがる理由

プリクラや自撮りになれている女性にとっては、写真の何が嫌なのかさっぱり分からなかったりしませんか?

何で私の彼氏は写真を撮ってくれないの?

彼氏と2人の写真が欲しいのに…

まずは、写真を恥ずかしがる彼氏の心理を知りましょう。

 

データとして残るから

写真って現像しなくても、スマホやデジカメの中にデータとして残りますよね。

個人情報に厳しくなった今の時代。

自分の写真はできるだけ残したくないと思う男性もいます。

このような男性は、インスタントカメラなら写ってくれたりします。

また、彼氏自身のスマホだったらOKという場合もあります。

 

単純にくっつくのが恥ずかしいから

また、あなたと付き合って間もない時だったら、あなたとくっつくのが恥ずかしいという理由も考えられます。

2人で写真に写る時って、かなり接近しますよね。

まだその距離になれていないため、写真にも躊躇してしまうのです。

この場合は時が経てば解決するので、焦らずに待ちましょう。

 

写真が苦手だから

また、男性は女性に比べて写真を撮る機会が少ないです。

  • どんなポーズを撮ったらいいのか分からない
  • 目線はどうすればいいの?
  • カメラを向けられると緊張する

このような男性もいます。

これについては慣れてもらうしかありませんので、次のコラムを読みましょう。

 

恥ずかしがる彼氏と写真を撮るポイント

恥ずかしがる彼氏と写真を撮るポイント

恥ずかしがっている彼氏と写真を撮ることのできる方法があります。

いくつかご紹介しますね。

 

使う目的を教える

まずは、写真を使う目的を教えること。

リベンジポルノという言葉もあるように、個人情報が写っている写真や動画ってとても怖いのです。

もちろんあなたが不正利用をするとは思っていないでしょうが、やっぱりデータの取り扱いは気にしてしまうものです。

  • 待ち受けに使いたい
  • 友達に見せたい
  • 思い出に残したい

など何でも構いませんので、あなたが彼氏と写真を撮りたい理由を伝えましょう。

 

観光地デートの記念

恥ずかしがり屋の彼氏にとって、日常の何もない時に写真を撮るのは難易度が高いです。

何か写真を撮る口実があった方が、撮りやすかったりします。

そこで、どこか遠出したり観光地に行った時に、写真を提案してみましょう。

せっかくここまで来たんだし…

と思ってくれるようなデートスポットを探してみましょう。

関連記事はこちら→大好きな彼とのデートで行きたい!恋人の聖地(恋人の聖地サテライト)とは?

 

プリクラを撮ってみる

少し趣向を変えて、プリクラをお願いしてみるのもいい方法です。

特に、プリクラを今まで撮ったことのない男性には有効です。

人生で一度は経験してみたい!と思っている可能性があるからです。

写真は無理でも、プリクラなら好奇心からOKしてくれるかもしれません。

 

2人きりの時にお願いする

また、人前で写真を撮るのが恥ずかしいと思っている場合もあります。

いかにもラブラブカップルみたいで、なんだか気恥ずかしいのです。

そんな彼氏には、2人の時に写真をお願いするのがポイント

お互い実家でおうちデートが出来なくても、カラオケや個室の場所で提案してみましょう。

 

記念日や誕生日を狙う

他にも、記念日誕生日に写真をお願いするという方法もあります。

  • ○ヶ月記念だし写真撮ろうよ
  • 私の誕生日だからお願い

など言ってみましょう。

お祝いムードに水を差さないように、写真に写ってくれるかもしれません。

 

人ではなく物メインで撮る

どうしても恥ずかしがりの彼氏には、徐々に慣れてもらうことが必要です。

その第一歩として、物メインで写ってもらいましょう。

彼氏が食べているもの、彼氏が手にしているもの、彼氏が着ているものなどの写真を撮るついでに少しずつ写ってもらうのです。

自分がメインじゃないと思ったら、気楽にOKしてもらえるはずです。

 

彼氏を説得するときの注意

いくつか彼氏と写真を撮る方法をご紹介しましたが、注意もあります。

それは、

  • 無理強いしないこと
  • 盗撮は絶対にやめること

です。

単にラブラブな写真を撮りたかっただけなのに、無理強いして喧嘩になっては嫌ですよね。

また、男性の中には本気で写真が嫌いな人もいます。

決して無理強いしてはいけません。

また、彼氏の写真を撮りたいあまり、ついついこそっとシャッターを切る人もいますが、盗撮はいけません。

写真を嫌がる彼氏に対して盗撮がバレてしまうと、信頼関係が一気に崩れてしまいます

彼氏を説得するときは、可愛くお願いしましょう。

 

おすすめの写真の撮り方

おすすめの写真の撮り方

ではここからは、彼氏と2人で写真に写るときの、おすすめの撮り方をご紹介します。

どうせなら可愛く写りたいですよね。

撮り方をマスターしましょう。

 

目線より上にカメラを持つ

やっぱり女の子は上目遣いが可愛いです。

でも慣れてないと難しいですよね。

そこで、あなたの目線よりも少し上にカメラを構えてみましょう

こうすることで、自然な上目遣いを作ることができますよ。

 

カメラは彼に持ってもらう

一般的には男性の方が背も高いし手も長いです。

自撮りするときは、カメラは彼氏に持ってもらって、シャッターも押してもらいましょう。

何枚か2人で練習するうちに、きっと上手に撮れるようになりますよ。

 

彼より少し後ろに下がる

写真で大事なことは、遠近法による小顔効果ですよね。

説明するまでもないかもしれませんが、遠くにいる人ほど小さく写ります。

そのため、彼氏より少しだけ後ろに下がって、小顔効果を狙いましょう。

 

自撮り棒を使う

スマホのセルフィーは意外と難しいです。

手で持つとスマホと人との距離が近くて、背景が写らなかったり、同じような写真ばかりになりますよね。

そんなときは自撮り棒を使ってみるのもおすすめですよ。

↓CanCamでもおすすめの自撮り棒です。

【雑誌CanCamに掲載されました】セルカ棒 2017最新 ミラー付き 超ミニ 自撮り棒 鏡付き

価格:1,000円
(2017/1/5 14:45時点)
感想(315件)

他人にお願いする

観光地など、近くに人がいるときは、素直に写真を撮ってもらえるようお願いしてみましょう。

「写真撮ってもらっても良いですか?」

とお願いすれば、よっぽど急いでいる人でない限りはOKしてもらえるはずです。

あなたが使っているカメラやスマホの操作方法が分からない場合もありますので、シャッターボタンの場所など簡単に説明しましょう

また、撮ってもらったあとにはお礼を忘れずに。

 

彼氏と撮った写真の有効利用法

彼氏と撮った写真の有効利用法

念願の大好きな彼氏との写真…!

何に使いますか?

写真の使い道をご紹介しますね。

 

アルバムにまとめる

撮った写真はアルバムにまとめましょう。

実物のアルバムは現像の手間もかかるので大変ですが、スマホアプリだったら簡単にできます。

日付け別にまとめたり、デート場所別にまとめたり、いろいろ工夫しましょう。

スマホアプリでアルバムを作る場合はCouplesという恋人アプリがおすすめです。

詳しくはこちら→大好きな彼との恋人アプリ!Couples(カップルズ)がおすすめな8つの理由

 

写真立てに入れて飾る

撮った写真の中でお気に入りの写真については、現像して写真立てに入れて飾りましょう

お互いがお互いの写真を飾るのは恥ずかしい気もしますが、2人で写っている写真ならばそうでもありません。

2人の思い出を形にしてみましょう。

 

披露宴で映す

究極の写真の使い道は、結婚式披露宴で使うことです。

いつか大好きな彼氏と結婚する日を夢見て、お気に入りの写真を選んでおいてもいいかもしれませんね。

 

SNSにアップ

FacebookTwitterInstagramなどのSNSにアップするという方法もあります。

ですが、誰でも見ることが出来るので、取り扱いには気をつけましょう。

SNSにアップする場合に関しては、次のコラムで注意点をまとめています。

 

SNSにアップするときの注意

SNSにアップするときの注意

必ず彼の許可を取る

彼氏の許可は必ず撮りましょう。

特に顔が写っていたり、本人が特定できる場合は、必ず事前に載せていいか聞きましょう。

もしかしたら彼氏は嫌かもしれません。

勝手に載せてしまうと、あとで彼氏にバレた時が怖いですよね。

 

彼がSNSにアップしなくても責めない

たとえあなたがSNSに写真をアップしていても、彼氏がSNSにアップしないことを責めてはいけません

あなたが彼女だということを隠したいというわけではなく、男性にはSNSに彼女との写真をアップしたがらない理由があるのです。

例えば、職場の人とSNSで繋がっている場合は、結婚の世話焼きされたりと面倒ですよね。

  • 私のことが嫌いなの?
  • 彼女ってバレたら困る事情があるの?

と、早合点しないようにしましょう。

 

たくさん思い出を残そう

いかがでしたか?

大好きな彼氏とたくさん写真を撮って、素敵な思い出をいっぱい残してくださいね。


スポンサーリンク