地元が同じ夫婦の帰省!義実家に泊まる必要性はあるの!?

地元が同じ夫婦の帰省!義実家に泊まる必要性はあるの!?


夫婦揃って同じ地元だと、実家・義実家間の距離も近いですよね。

だけど、普段はお互いの地元から離れて暮らしている夫婦も多いと思います。

そんな夫婦がお正月やお盆、結婚式などで地元に帰省することになった場合、どちらの家に滞在するべきか迷いませんか?

それぞれの実家に泊めてもらうのが気を遣わなくて楽だけど…挨拶くらいは一緒にするべきかな?

そこで今回は、夫婦同郷の場合の帰省についてお話します。

スポンサーリンク

 

夫婦の地元が一緒の場合はどちらの実家に泊まる?

lovekoは大学時代に知り合った彼氏と、社会人になって遠距離恋愛を経てから結婚しました。

そのため、夫婦の地元が同じ都道府県なので、実家と義実家の距離も近いです。

一方で、今夫婦で住んでいる街からそれぞれの実家・義実家は、飛行機や電車を乗り継いで5時間というところでしょうか。

1回の帰省には、数万単位の交通費も掛かります。

そんなこともあって、お正月やお盆など特別な行事のある時にしか、なかなか帰省することは出来ません。

 

自分の実家に帰省したい!

だけど、妻のlovekoは実家が大好きです。

普段からLINEで週に一度は、お母さんとやり取りしています(笑)

お盆やお正月は、せっかくの帰省のチャンス。

出来れば自分の実家に帰省して、お母さんのご飯だって食べたいし、兄弟ともお喋りしたい。

実家でゴロゴロしたい!

そう思っていました。

 

夫婦それぞれが自分の実家に滞在するのはアリ?

もちろんだって、わざわざ妻の実家に泊まりたくはないでしょう。

気を遣うのが分かりきっていますし、自分の実家に帰省したいと思うのも当然です。

そこで出てくる考えが、「夫婦それぞれが自分の実家に帰省する」ということ。

帰省はせいぜい数日間。

その帰省中くらい、夫婦離れて過ごしてもいいんじゃない?と思いますね。

実家・義実家間の距離も近いのだから、わざわざどちらかの家に夫婦で泊まる必要性なんてなくない?って感じです。

 

結婚したら「嫁」!義実家に泊まるのは当然!?

結婚したら「嫁」!義実家に泊まるのは当然!?

だけど、そんな合理的な考えを一蹴してくれるのが義母です。

結婚したら○○家の嫁なのだから、こっちに泊まりなさい」と夫伝いに連絡してくる義母。

面倒くさいよー。

前回のお盆の時だって、義実家には1泊しかしてないけど、かなり大変だったのに。

関連記事はこちら→義実家でのお盆の過ごし方は?結婚後初めての帰省は大変!

また義実家に泊めてもらわなきゃいけないの?

自分の実家がすぐそこなのに?

誰得!?って感じです。

 

義母や義妹だって大変じゃない?

そもそもlovekoが義実家に泊まることで、姑さんは嬉しいのかな?

lovekoと姑さんは別に仲良しというわけでもないし、なんなら連絡先だって知りません。

普段は飛行機の距離で暮らしているから、交流だってほとんど無い。

連絡は夫を通してのみ。

結婚前だって、

  • 大学の卒業式で会釈
  • 同棲挨拶
  • 結婚挨拶
  • 両家顔合わせ食事会

合計4回しか会ったこともないのに。

 

そしてlovekoと歳の近い、義実家で暮らしている小姑さん

同じくらいの年齢の女性が家の中をウロウロしてたら邪魔じゃないの?

lovekoが義実家に宿泊することで、お互いにとってメリットがひとつも思いつかないんだけどな…

 

義実家滞在は荷物が増えて面倒!

そしてloveko側のデメリットとしては、気まずい・疲れる以外にもまだあります。

それは、帰省に必要な荷物が増えるということ。

実家に泊まって良いのであれば、タオルやシャンプーやパジャマは全て実家にあるものを使えます。

なんなら下着以外は全て、お母さんに借りることだって出来ます。

でも、義実家に宿泊するとなると話は別。

一気に荷物が増えるのです。

用意するのも面倒だし、荷物は増えて移動は大変だし。

 

義実家にも宿泊しつつ被害は最小に防ごう!

義実家にも宿泊しつつ被害は最小に防ごう!

だけど、義母の意見を無視できるほど、lovekoはメンタルが強くありません。

これだけ愚痴を書いておきながら、「分かりました」と答えてしまう悲しい性格なのです(笑)

そこで次に考えることは、いかに義実家での滞在時間を短くするかということ。

 

義実家宿泊は最大1泊で済ませよう!

たとえ義母から宿泊を誘われなくたって、手土産を持っての挨拶くらいは必要でしょう。

それに、親族の食事会などがあったら、夫婦一緒に参加するべきなのは分かっています。

なので、宿泊は最大1泊で済ませることを目標にしています。

 

たとえば前回のお盆の帰省では、夫の親族で食事会がありました。

夜も遅くなったので、そのまま一緒に義実家に行って、泊めてもらいました。

そして次の日の日中は家事を手伝って、夕方には自分の実家に帰省しています。

「もう帰るの?」と義母は不満そうにしていましたが、lovekoからすれば「1泊したのだから義務は果たした!」って感じです。

 

義母は自分の娘が嫁いでも旦那さんの実家に泊めるの?

先ほど少し書きましたが、lovekoの夫にはlovekoとも年齢の近い妹がいます。

lovekoにとっては小姑さんです。

まだ独身で実家で暮らしているのですが、数年もしたら結婚するでしょう。

そんな妹さんが地元から離れた場所で結婚したら、義母は同じように振舞うのかな?

結婚したのだから、旦那さんの実家に泊まりなさい」って自分の娘に対しても言うのかな?

自分の娘に久々に会いたくないのかな?

 

帰省は妻ばっかり大変?

lovekoが自分の両親に「夫の実家に泊まることになった」という報告をすると、残念そうに「仕方ないね」と言われます。

ちなみにlovekoの両親は、「お互い気を遣うだろうから、旦那さんはうちには来なくて大丈夫よ」という考えです。

そのため、結婚してから夫は一度もlovekoの実家に行ったことはありません。

なのに!

lovekoは夫の実家に強制宿泊です。

親の考えはそれぞれなのでしょうが、lovekoばっかり大変な気がする。

嫁いだ以上は仕方ないのかな?

 

子供がいれば「孫に会わせる」という目的があります。

でも子供もいないのに自分の息子の嫁を泊めて、何がしたいんだろう?と素直に疑問に思ってしまいます。

「嫁なのだからこうあるべき!」という古い考えに縛られているのかな?

義実家での嫁の宿泊は、誰も得をしないと思いました。


スポンサーリンク