大好きな彼とずっと一緒にいたいから…マンネリ化と倦怠期をうまく乗り越える方法

大好きな彼とずっと一緒にいたいから…マンネリ化と倦怠期をうまく乗り越える方法


付き合って3ヶ月の壁、3年の壁。

なんて言葉がありますよね。

大好きな彼とずっとラブラブでいたくてもなかなか難しい。

もしかすると常にラブラブのカップルの方が珍しいのかもしれません。

そこで今回はマンネリ化と倦怠期の乗り越え方をご紹介します。

すでにマンネリぎみの方はもちろん、大好きな彼とこれから先もずっと一緒にいたい方にも是非読んでいただきたいです!

スポンサーリンク

 

マンネリ化とは?

マンネリ化とは「変わりばえのない状態になること」を意味します。

好きな気持ちは変わってないし、別れたくもない。

でもモチベーションがあがらない、そんな状態のことを言います。

飽きて刺激のない関係が続けば、恋人と出かけたり会話をするのも面倒になり、別れの原因にもなりかねない倦怠期に陥ります。

長く一緒にいれば必ずと言っていいほど通る道ですが、乗り越えられない壁ではありません!

ではさっそく、マンネリ化の解消法をご紹介します。

 

イメチェンをして新鮮さを感じてもらう

変わりばえのない関係を変化させるのに、イメチェンは効果ありです!

ヘアスタイルを変えてみたり髪を染めてみたり。

いつもと違う自分になってみるとお互いに新鮮さを感じ、いい刺激になります。

メイクや服装も大胆に変えてみれば、大好きな彼をドキドキさせることができるかも。

もう一度恋におちてもらうきっかけにもなるのですごくおすすめです!

 

2人で新しいことを始める

マンネリ化の最大の原因はコミュニケーション不足です。

2人の間に刺激がないと思っているだけです。

なので、これからしたいことを2人で話したり共通の趣味をもつようにすることで、マンネリが深刻化することを防ぐことができます。

コミュニケーションとアクションを起こすことでマンネリ解消に繋がります!

大好きな彼の興味のありそうなことを話題にすれば、初めは乗り気じゃなかったとしてもたんだん会話がはずむようになってくるはずですよ。

 

付き合った頃を思い出す

お互いに少し飽きてきてしまったときは 付き合った頃を思い出しましょう!

一緒にいるだけでドキドキしたり、何をするにも新鮮な気持ちで楽しめましたよね。

もう一度振り返ることで、相手のどんなところに惹かれ、どんな風に愛を育んできたのか思いだし、幸せな2人を再確認できるかもしれません。

当時の写真を見たり、思い出して話してみましょう!

「大好きな彼を魅了する!彼が思わず抱きしめたくなる香水3選」でもお話しましたが、思い出の香り等があればそれを嗅ぐ、嗅がせてみるのも効果絶大です!

 

やってしまいがちなNG行為

自分は一生懸命考えてやっているのに大好きな彼が協力的ではなかったりすると ついイライラして態度に出てしまうこともあると思います。

でも彼女が不機嫌だったり拗ねたりしていると、2人の仲はますます冷めてしまうもの。

不機嫌な態度をとらないように気を付けて、大好きな彼の気持ちにも寄り添いながら自分の想いを伝えてみましょう。

 

最後に

マンネリ化は言い方を変えたら幸せボケであり、決して悪いことではありません。

マンネリ化の原因は、お互いが居心地の良い存在になったから。

マンネリや倦怠期を乗り越えることができれば、必ず2人の絆は深まります!

自分1人で抱え込むのではなく、大好きな彼と2人で話して楽しく解消できるといいですね。


スポンサーリンク