妊娠すると冷たいものが食べたくなる...?常温大好き私はどこに...!

妊娠すると冷たいものが食べたくなる…?常温大好き私はどこに…!


妊娠すると食の好みが変わるってよく言いますよね。

つわりで普段好きなものが食べられなくなったり、逆に今まではあまり食べていなかったものを食べたくなることもあります。

lovekoの場合は、冷たいものが急に食べたくなりました。

というより、温かいものだと匂いや湯気のせいで食べることができず、冷たいものしか身体が受け付けなかったのです。

しかも、つわりがピークになる妊娠3ヶ月にあたる時期は、極寒の1月。

温かいお鍋が食べたくなる時期ですが、冷たいものばかり食べていました。

スポンサーリンク

 

普段は温かいもの・常温大好きなloveko

もともと冷え性なloveko。

身体を温める生姜やスパイスは積極的に食事に摂り入れていますし、朝起きると白湯を飲むことを習慣にしていました。

いくら暖房の効いたカフェであっても、秋冬にアイスコーヒーを頼むなんて決してせず。

なんなら夏真っ盛りの季節以外は、飲み物は基本的にホットを飲んでいます。

麦茶が好きな夫のために冷蔵庫に麦茶を常備してはいるものの、lovekoはそれに手をつけません。

常温の水か白湯を飲んでいます。

 

もちろん飲み物に限ったことではなく、食べ物も同様です。

例外と言えば、アイスクリームでしょうか(笑)

冬に暖房の効いた室内でアイスを食べるのって美味しいですよね(笑)

…と、このように普段のlovekoは温かいもの・常温が大好きで、冷たいものは極力摂らないようにしていました。

 

つわりで匂いのする食べ物が食べられず

しかし、そんなlovekoを襲った人生初のつわり

この食べ物がダメ!この食べ物以外は食べられない!

と言ったような極端なものではなかったのですが、匂いのするものを一切受け付けなくなりました。

また、食べ物の湯気に対しても気持ち悪いと感じていましたので、温かいものが一切ダメに。

冷たいものだと匂いが軽減されるので、つわり中は冷たいものばかり食べていました。

 

つわり中でも食べやすい冷たいものはコレ!

つわり中でも食べやすい冷たいものはコレ!

lovekoにとって、特に食べやすかったのは以下のようなものです。

つわりで温かいものが食べられない…という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

冷やしうどん

電子レンジで簡単に作ることのできる、冷やしうどん

冷凍のうどん麺を常備しておいて、レンジで解凍。

氷水でしっかりと締めます。

トマトや温泉卵や大根おろし、生姜、刻み海苔、梅干などなど…その時あるものをトッピングして、麺つゆをかけて完成。

つわり中の1人ランチは基本的に冷やしうどんでした。

しかし、それが続いたのも最初の1週間程度。

つわりがだんだんピークになってくると、麺つゆの匂いまでがダメになってしまい、冷やしうどんの登場した機会は最初の方だけでした。

 

冷やし中華

夏の定番、冷麺と言えば冷やし中華ですよね。

妊娠中はすっぱいものが欲しくなる妊婦さんも多いと言います。

lovekoも「冷やし中華が食べたい!」と熱望していました。

しかし、冒頭でもお話したように、つわりのピークを迎えた季節は1月。

冷やし中華なんてスーパーにもコンビニにも売っていません。

麺とタレが一体になっている手作りキットタイプのものすら、見つけることは出来ませんでした。

しかし、わざわざタレを手作りする気力も無く。

冷やし中華が食べたいな…と思っている間に、つわりは終わってしまいました。

残念です。

 

炭酸ジュース

そして無性に飲みたくなったのが、炭酸ジュースです。

普段は特別な時、月に1回飲むか飲まないかという頻度なのですが、妊娠中は飲みたくなりました。

特に飲みたくなったのが、ジンジャーエール

2Lタイプのものをスーパーで買って、ほぼ毎日飲んでいました(笑)

生姜ってつわりを和らげる効果を持つショウガオールが含まれているので、吐きつわりに悩んでいる方は効果があるかもしれませんね。

また、冷たいものしか食べられない・飲めないlovekoの、せめてもの冷え性改善対策でした。

 

アイスクリーム

アイスクリームはいつ食べても美味しいですよね。

口溶けも良いので、食欲がない時でも食べやすいです。

脂肪分の高いものを選べば、つわり中の栄養補給にもなりますよ。

成分表示を見て「氷菓」や「ラクトアイス」ではなく、「アイスミルク」「アイスクリーム」と書いてあるものを選びましょう。

 

ヨーグルト

妊娠中にずっとつきまとうのが便秘

lovekoも産婦人科で、酸化マグネシウムという便秘の薬を処方されています。

この酸化マグネシウムは胎児に影響がある物では無いし、副作用も弱いので長期服用が可能ではあります。

しかし、やはり薬を飲まずに便秘が治るのであれば、それに越したことはありませんよね。

そこで、ヨーグルトです。

各メーカーから色々な味が出ているので、飽きずに続けることができますよ。

ヨーグルトによって含まれている菌の種類は変わりますので、色々なものを試しましょう。

 

冷凍みかん

デザートで言えば、フルーツの冷凍もおすすめですよ。

夏はパインアップル、冬はみかんが美味しく食べることができます。

lovekoの場合は1月だったので、みかんを凍らせて食べていました。

すると、夫が想像以上に冷凍みかんの美味しさに嵌ってしまい(笑)

夫婦2人で冷凍みかんをおやつにしていました。

 

コンビニおにぎり・サンドイッチ

つわりで晩御飯を作ることが出来なかった約2週間、夫に夕食の準備をお願いしていました。

料理の出来ない夫は、スーパーやコンビニで会社帰りに買ってきてくれることに。

そこでloveko用の夕食としてお願いしていたのが、おにぎりサンドイッチです。

おにぎりだと梅干や高菜などの漬物系が食べやすかったです。

また、サンドイッチだとレタスサンドが好みでした。

ツナマヨおにぎりや卵サンドなどのマヨネーズこってり系は普段は好きなのですが、この時ばかりは勘弁…って感じでしたね。

 

お寿司

ちょっと高級系になってしまいますが、お寿司も食べやすかったです。

妊娠中は感染症にも気をつけなければなりませんので、あまり頻繁に食べるわけにもいきませんが。

スシローなどの回転寿司は量も自分で選べるので、ちょっと体調の良い土日などは夫とスシローに行っていました。

まさかの4皿(寿司3皿+デザート1皿)という、過去最少枚数を記録してしまいましたが、デザートも食べられて満足です。

 

トマト

つわり中は食べられるものだけ食べたらいいよ、と良く言われますよね。

そうは言っても、やはり栄養価は気になるところです。

なんとか野菜を摂取できないかな?と悩んだ末にたどり着いたのが、トマトでした。

野菜室に入れておいて、少しお腹が空いた時などにちょこちょこつまんでおくだけで、なんとなく栄養を摂取できた気がします。

 

カロリーメイト

最後に、これは冷たいものというよりは常温なのですが、カロリーメイトは常備していました。

もともとカロリーメイトは好きで、風邪を引いた時などにも食べていました。

しかし、妊娠中に改めてカロリーメイトの成分を見てみると、なんと葉酸入りということが発覚。

栄養成分ってカロリーや脂質、鉄分なんかは普段から気にしていましたが、葉酸に関しては妊娠するまでチェックしたことが無かったので意外でした。

妊娠初期に摂取するべきと言われている葉酸。

少しでも赤ちゃんにとって好影響だといいな、と思ってカロリーメイトを買い置きすることに。

 

雪も降り積もる1月なのに…寒いよ…!

雪も降り積もる1月なのに...寒いよ...!

さてさて、つわりがピークを迎えると言われている妊娠3ヶ月。

ちょうど1月でした。

外は雪、寒いです。

「なんでこんな寒い時期に、冷やしうどんとか食べなきゃいけないの?

温かいものが食べたい!」

と泣きたくなりました(笑)

食事の時間も楽しめず、ただの栄養補給。

 

妊娠前までは夫と一緒に仲良く食卓を囲んでいたのに、つわり中は一人で食事です。

それは、夫が食べている弁当の匂いだけで吐きそうになるから。

かと言って、夫にlovekoと同じ食事メニューを食べさせるわけにもいきません。

でも、デザートだけは別

アイスクリームやヨーグルトを食べる時だけは、夫と一緒に食べていました。

つわりで苦しい期間、この時間が一番楽しかったな。

 

妊娠中は体調も悪くなるし、つらいこともたくさんあると思います。

でも、夫のサポートを受けながら赤ちゃんと出会える日を心待ちにして過ごしましょう!


スポンサーリンク