彼のことが大好きな彼女の物語2

彼のことが大好きな彼女の物語[22]付き合う人の過去の恋愛は気になる


lovekoと彼氏の物語シリーズ第22話です。

「モテる?」っていう話から、恋愛話がスタート。

好きな人が過去にどんな恋愛をしてきたのか?は気になるような、聞きたくないような…

でもやっぱり勝ったのは興味でした。

スポンサーリンク

 

登場人物紹介

第22話に登場する人物を簡単にご紹介します。

 

主人公

loveko

大学1年生の女の子

 

彼氏

K先輩

大学3年生の男の子

 

付き合う人の過去の恋愛は気になる

「K先生は、今まで彼女さんっていたんですか?」

 

恋愛の話題になったので、私からも話題を振る。

付き合い始めた人の今までの恋愛については、とっても気になる。

 

聞かない方が傷つかずにすむこともあるかもしれない。

それは分かってるけど、やっぱり知っておきたい。

 

自分の好きな人が今までどんな恋愛をしてきたのか、興味があるもん。

 

「高校生の時はいたよ」

 

え…?

ちょっとびっくり。

先輩って彼女いたんだ。

 

別にK先輩がモテそうにないとは思ってない。

むしろ可愛いタイプで、眼鏡男子で需要があると思う。

 

でもK先輩が通っていた高校は県内トップの進学校。

そのまま県内トップどころか地方トップの大学に進学しているから、学生時代は勉強漬けだと思ってた。

 

まあ…私は先輩と高校は別とは言え、同じ大学に通ってる。

学年は違うけど、同じ受験を乗り越えてきた私にも恋人がいたし、当たり前っちゃ当たり前か。

 

てことは、お互いに初めての恋人ではないってこと。

ちなみに私の恋愛偏差値はかなり低い方だと思う。

 

だから、先輩が色々リードしてくれるかな?

とにかく、私が初めての恋人じゃなかったのは、ちょっと安心かも。

 

だってデートとか、リードしてほしいもん。

頼りになる人の方がやっぱりかっこよく見える。

 

「どれくらい付き合っていたんですか?」

 

「うーん、半年くらいかな?

気になる?」

 

「話してくれるなら、聞きたいです」

 

そして知ったことは、過去に付き合った人はその元彼女さん1人ということ。

高校2年の時に半年付き合って、それ以来は特に何もなしみたい。

 

だけど気になる話が…

 

「大学生になってから、lovekoちゃん以外の女子には告白されてないよ。

女子には…ね」

 

「え…?男子はあるんですか?」

 

lovekoの振り返り

ちょっと偏見かもしれないけど、やっぱり彼氏にリードしてほしいなって思ってしまいます。

頼りがいのある人が好きだからなのかもしれないけど、恋愛経験は豊富な方が良いかな?

かといって、遊び人も嫌だという難しいバランスです。

第1話から読む→彼のことが大好きな彼女の物語[1]出会いは塾のアルバイト

前の話を読む→彼のことが大好きな彼女の物語[21]モテる?って聞かれた時の反応


スポンサーリンク