彼のことが大好きな彼女の物語2

彼のことが大好きな彼女の物語[23]男性にモテモテの彼氏


lovekoと彼氏の物語シリーズ第23話です。

男性にモテモテのK先輩。

確かに色白で背が低いから、どちらかと言えば中性的かも…?

スポンサーリンク

 

登場人物紹介

第23話に登場する人物を簡単にご紹介します。

 

主人公

loveko

大学1年生の女の子

 

彼氏

K先輩

大学3年生の男の子

 

男性にモテモテの彼氏

「大学1年の時に、同じ講義を受けてた男に告白された。

あとは、大学2年の時に、アルバイト先のお客さんにも言い寄られた」

 

多い。

それは多いよ。

 

K先輩だって十分モテてるよ。

私がモテるのかどうか心配している場合じゃないよ。

 

K先輩の方がいろんな意味で心配になってくる。

 

ちなみにここで言っているアルバイト先は塾の生徒ではない。

K先輩は接客と塾のアルバイトを掛け持ちしてるから、多分そっちの話。

 

「え…?それは…断ったってことですよね?」

 

K先輩は今朝、私と付き合うことになった。

てことは、恋愛対象は女性だよね?

 

今まで当たり前だと思ってたことだけど、最近はそうでもなくなっている風潮もあるし。

しかも、理系の大学のあるあるだと思う。

 

実際に私の学科でも、男性同士でびっくりするくらい仲が良い2人がいるもんな。

確かめたわけじゃないけど、あれはきっと付き合っている。

 

2人の周りだけ雰囲気が違うもん。

しかも先輩の学科もTHE理系の学科だから、ありそうではある。

 

「あ、大丈夫。

断ってるよ」

 

「そうですか…

K先生って男子にモテるんですね」

 

今までの話を総合すると、先輩は20数年の人生で女性よりも男性に告白された人数の方が多いことになる。

元彼女さん以外の女子からは告白されてないみたいだし、男性からは2人。

 

ちょっとかわいそうな気もする。

あ、でも私が告白したから、これで男女2人ずつになるのか。

 

うん…告白してよかった。

同性が恋愛対象じゃないのに同性にばっかり告白されたら大変だろうな。

 

バイト先のお客さんはともかく、同じ講義の友達って友達関係とか崩れなかったのかな?

聞きたい気がするけど、なんとなくこれ以上話したくないオーラがでてる気がするからやめとこう…

 

まあ、男女問わず同性に好かれる人って魅力的な人だとも言うから、良いことだよね!

…ってことにしておこう。

 

lovekoの振り返り

ちなみにloveko自身も女性から告白されたことがあったりします。

そこそこ親しい友達から告白されてしまうと、今後の付き合い方に響いてしまう時も…

気持ち自体は嬉しいんですけど、そんな簡単な問題ではありません。

第1話から読む→彼のことが大好きな彼女の物語[1]出会いは塾のアルバイト

前の話を読む→彼のことが大好きな彼女の物語[22]付き合う人の過去の恋愛は気になる


スポンサーリンク