彼のことが大好きな彼女の物語2

彼のことが大好きな彼女の物語[26]アルバイトとデートの優先順位


lovekoと彼氏の物語シリーズ第26話です。

いくらバイト先で仲がよかったとは言っても、プライベートなことはお互いまだ知らない状態。

いろいろと話しておきたいこともあるけど、そのうちの1つが普段の生活だったりします。

スポンサーリンク

 

登場人物紹介

第26話に登場する人物を簡単にご紹介します。

 

主人公

loveko

大学1年生の女の子

 

彼氏

K先輩

大学3年生の男の子

 

アルバイトとデートの優先順位

2回目のデートは、前回会って1週間後に予定している。

同じ大学だし春休みで比較的時間に余裕があると思いきや、予定が全然合わない。

 

まあそのほとんどの原因は私のアルバイト。

もうすぐアルバイトを辞めちゃうK先輩と違って、私は掛け持ちもしているから、基本的に毎日何かしらのバイトが入ってる。

 

大学の講義前の早朝アルバイトに、夜は塾。

丸1日空いている春休みや土日は、朝から夕方までフルタイムで働いているバイトもある。

 

さすがに3つ掛け持ちするのはなかなかハード。

何のバイトしてるの?って聞かれて、これとこれとこれ!って答えたらドン引きされる。

 

それでも、意外となんとかなってるから自分でもびっくり。

奨学金は学費で消えちゃうし、仕送りがないから仕方ないんだけどね。

 

仕送りなしって何それひどい!っていう友達もいるけれど、それは確実に家庭環境の違いだと思う。

高卒で就職して実家にお金を入れてきた私の両親。

 

時代の違いもあるんだろうけど、両親と比べると、私は高校を卒業したのに、まだ社会に出てすらない。

まだ親孝行なんて出来る立場でもないし、4年間大学に通わせてくれるだけで、すごいことだよ。

 

何よりアルバイトすることでK先輩とも出会えたし、この生活も嫌いじゃない。

でもK先輩と付き合うことになったからには、K先輩に会うための時間も確保したいな。

 

春休みだから、まだ日中空いている日があるけれど、新学期になったら平日は講義がある。

理系だから毎日出なきゃいけないし、土日はアルバイト。

 

そうなると、平日の夜で塾のバイトが休みの時しか空かなくなるな…

でもK先輩に会いたいからってバイトを減らすわけにもいかない。

 

だって死活問題だもん!

冗談抜きで家賃払えなくなるし。

 

なんとか時間は工面しよう。

 

仕送りなしって言われてたから、サークルに入ることは大学に入学する前に諦めてた。

だけどせっかく告白をOKしてくれたK先輩。

 

K先輩のことは諦めたくないよ。

 

どっちにしろ、付き合い始めが春休みだったのは好都合だったかも。

K先輩にバイト掛け持ちしていることは話していない。

 

ドン引きされそうな気がするから、大学の友達にしか言ってない。

でも、この春休みにたくさん話し合おう。

 

そして、アルバイトのこともカミングアウトしよう。

 

lovekoの振り返り

第1話から読む→彼のことが大好きな彼女の物語[1]出会いは塾のアルバイト

前の話を読む→彼のことが大好きな彼女の物語[25]大学生同士の「付き合う」はどこまで?


スポンサーリンク